ホーム > 事業案内 > 長期優良住宅

長期優良住宅

着工前に所管行政庁へ認定申請する必要があります。
(認定申請を所管行政庁が受付した後、着工可能)

 

規模(床面積)の基準があります。 (住宅専用部分の壁心による面積とし、バルコニーの面積などは含めない。)
 ◆ 一戸建ての住宅 ・・・ 床面積の合計が75㎡以上
 ◆ 共同住宅等(共同住宅、長屋その他一戸建ての住宅以外) ・・・ 一戸の床面積の合計が55㎡以上 
                                                         
(共用部分の床面積を除く。)
※住戸の少なくとも一つの階について、その床面積が40㎡以上であること (階段は床面積から除く)

 

【依頼書の様式変更について】
2018年7月1日に、技術的審査依頼書の様式が変更になりました。
   ⇒各種申請書・様式

 

 《平成28年基準》 にて省エネ性を検討したものをご提出ください。(図書・添付資料とも)

 平成28年基準とは・・・

  • 窓枠を考慮した日射熱取得率を使用
  • 平成28年基準に準拠した計算プログラムを使用

 

※変更申請について
     平成25年基準で認定を受けた物件は、平成25年基準・平成28年基準のいずれも使用可能です。

 

2018年4月1日に手数料を改定しました。 詳細は【手数料・料金】をご覧ください。

 

住宅の取得に利用可能な税制特例

 

 

© 2014 NARA Building & Housing Center