ホーム > 事業案内 > 低炭素建築物

低炭素建築物

消費税10%への引き上げに伴う手数料の改定について

 平素は、当センターをご利用いただきまして厚くお礼申し上げます。  さて、令和1101日から消費税が引き上げられることに伴い、当センターでは下記の業務に係る手数料を別紙のとおり改定することといたしましたのでご理解を賜りますようお願い申し上げます。  なお、新手数料の適用は、令和1101日の受付分からとなります。  今後とも引き続き、当センターをご利用いただきますよう併せてお願い申し上げます。

 

着工するより前に所管行政庁へ申請する必要があります。
(認定申請を所管行政庁が受付した後、着工可能)

市街化区域等(都市計画法第7条第1項に規定する市街化区域の区域(同項に規定する区域区分に関する都市計画が定められていない同法第4条第2項に規定する都市計画区域にあっては、同法第8条第1項第1号に規定する用途地域が定められている土地の区域。)内の計画のみ認定可能

平成29年4月1日以降、所管行政庁へ認定申請される物件は 《平成28年基準》 にて省エネ性を検討したものをご提出ください。

 

 平成28年基準とは・・・

  • 窓枠を考慮した日射熱取得率を使用してください
  • 平成28年基準に準拠した計算プログラムを使用してください

 

 

住宅の取得に利用可能な税制特例

 

© 2014 NARA Building & Housing Center