ホーム > 事業案内 > 住宅瑕疵担保責任保険 > 概要

概要

住宅瑕疵担保責任保険とは

住宅瑕疵担保責任保険は、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)」に基づく保険として、同法による指定を受けた保険法人が、すべての住宅事業者を対象として提供する保険です。

この保険は、新築住宅の住宅事業者等(建築業者・宅建業者等)が、保険法人との間で保険契約を締結するもので、保険金は住宅の構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に起因して、住宅の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合に、被保険者である住宅事業者が、住宅取得者に対して10年間の瑕疵担保保険責任(無料で補修する義務)を負担することによって被る損害に対して支払われます。
(※契約約款により、免責事由に該当する場合等保険金をお支払いできない場合があります。)

保険の種類(住宅瑕疵担保責任保険)

住宅瑕疵担保履行法に基づく住宅瑕疵担保責任保険

住宅瑕疵担保責任保険

住宅瑕疵担保履行法(以下「法」といいます。)第19条第1号に規定する保険、すなわち、建設業法第2条第3項に規定する建設業者(以下「建設業者」といいます。)が法に基づき資力を確保しなければならない新築住宅を対象とした保険

1.保険の内容

建設業者及び宅地建物取引業者が被保険者となる保険

2.保険契約者(被保険者)

請負人又は売り主(但し、建設業者及び宅地建物取引業者に限ります。)

3.対象住宅

住宅の品質確保の促進等に関する法律、第2条第1項に規定する「住宅」

  • 人の住居の用に供する家屋または家屋部分(人が住居の用以外の用に供する家屋との共用に供する部分を含む)

住宅の品質確保の促進等に関する法律 第2条第2項に規定する「新築住宅」

  • 建設工事完了の日から起算して1年以内のもの
  • 人の居住の用に供したことのないもの

保険の種類(住宅瑕疵担保責任任意保険)

住宅瑕疵担保履行法に基づく住宅瑕疵担保責任任意保険

住宅瑕疵担保責任任意保険

(1)保険の内容

  1. 設業法の許可が不要な軽微な建設工事のみを請け負う事業者を請負者とし、住宅建物取引業者でない発注者との請負工事にかかる保険
  2. 住宅建物取引業者が他の保険契約を締結しない分譲住宅について、その建設工事を請け負う建設業者を請負人とし、住宅建物取引業者を発注者とする請負工事にかかる保険
  3. 住宅瑕疵担保責任保険を申し込まれた住宅のうち、建設工事完了の日から1年を越えて2年以内に引き渡される一戸建住宅にかかる保険

(2)保険契約者(被保険者)

請負人(建設業者または建設業者以外の住宅建設業者)

(3)対象住宅

上記(1)保険の内容 1、2及び、3について
住宅の品質確保の促進等に関する法律 第2条第1項に規定する「住宅」

  • 人の居住の用に供する家屋または家屋の部分
    (人の居住の用以外の用に供する家屋の部分との共用に供する部分を含む)

次に掲げる住宅

  • 建設工事完了の日から起算して2年以内のもの
  • 人の居住の用に供したことのないもの

保険契約までの流れ

住まいづくりをサポートする制度

 

 ※ 奈良県住宅安心協議会入会によりまもりすまい保険の保険料が大幅に割引されます。(同協議会のHPへジャンプします)

JIO「わが家の保険」等の保険取次及び検査業務

JIO「わが家の保険」の保険取次及び検査業務のお知らせ

 

「あんしん住宅瑕疵保険」の保険取次及び検査業務

「あんしん住宅瑕疵保険」の保険取次及び検査業務のお知らせ

「ハウスプラスすまい保険」の検査業務

「ハウスプラスすまい保険」の検査業務のお知らせ

「ハウスジーメン住宅瑕疵保険」の保険取次及び検査業務

「ハウスジーメン住宅瑕疵保険」の保険取次及び検査業務のお知らせ

© 2014 NARA Building & Housing Center